Yossy's life ~It climbs the life. The view is the highest. ~

趣味(音楽・スポーツ・本etc)、仕事、子育て、その他人生色々なこと。そんな毎日の出来事を綴っていくブログ。

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2]

わたしも 漱石は大好きな作家です。視点や表現が ドライで近代的というか都会的な感じの作風が好きでした。すごく昔に読んだので記憶も曖昧になってしまいました。 『こころ』をもう一度読み直したいと思います。
残念なのは 海外において 漱石は どうしても 三島由紀夫や 太宰治より知名度の低い作家なんです。わたしは 漱石の方が 好きなんですけどね。
  • 2010-06-06 00:53
  • 投稿者 : Chivamp
  • URL
  • 編集

[C3] Re: コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
そうなんですか、海外では漱石の知名度は低いんですね。
個人的に感じていることなんですが、文学作品として評価が高い作品て、洋の東西を問わずどこか暗い内容の作品が多い気がします。三島由紀夫しかり、太宰治しかり、フィツジェラルドしかり、ヘッセしかり、ドストエフスキーしかり・・・ときりがないですが。
僕は評論家でも何でもないんで、やっぱり読んでいて明るい内容が好きですね。
『坊ちゃん』のような痛快な作品が好きです。
あ、でも『こころ』も暗い内容の作品でしたね・・・(汗)

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://arien182.blog3.fc2.com/tb.php/33-e223b16b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

文豪はサイダーがお好き

カテゴリ :
ゲホッ、ゲホッ・・・。

風邪を引いてしまった。

2週間連続出勤の果てが風邪で体調崩し、土日丸つぶれの

パターンが始まりました。。。


今日は仕事で東京都の文京区まで行って来た。

文京区と言えば文豪の街。

仕事の合間に行って来た。

CIMG0471_convert_20100605003952.jpg

そう、夏目漱石住居跡を見てきた。

この場所で、『我輩は猫である』や『坊ちゃん』等が生まれたのかと

思うと感無量。

残念ながら、この場所には漱石の住居は無く、現在は愛知県犬山市明治村に

移されたそうだ。

現在この場所には、日本医科大学付属病院の橘桜会館が建っている。


正直、古典文学って文章の言い回しが何言ってるのか良く分からず、

何処が面白いのかさっぱり分からんけど、夏目漱石は非常に読みやすい。

しかも、漱石の小説ってたまに、ギャグなんじゃあないかと感じる

箇所が非常に多く、電車で読んだりしてるとクスクス笑い出しそうになり

困りものの小説でもある。


―――『我輩は猫である』の文中で、鷲がハゲ頭のおっさんの頭上に

亀の甲羅を落として、ハゲがめちゃめちゃに砕けておっさんが

ここに無残の死を遂げた、っていうくだりがあるんだけど電車で

読んだときはやばかった。。。


ベタだけど、漱石文学では『我輩は猫である』、『坊ちゃん』、『こころ』

この3つが一番好きだなぁ。

興味ある方は、『こころ』から読むことをオススメします。

文章が現代文と殆ど同じだから読みやすいし、内容もオススメです。



今日は、いち漱石ファンとして感慨深い一日だった。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C2]

わたしも 漱石は大好きな作家です。視点や表現が ドライで近代的というか都会的な感じの作風が好きでした。すごく昔に読んだので記憶も曖昧になってしまいました。 『こころ』をもう一度読み直したいと思います。
残念なのは 海外において 漱石は どうしても 三島由紀夫や 太宰治より知名度の低い作家なんです。わたしは 漱石の方が 好きなんですけどね。
  • 2010-06-06 00:53
  • 投稿者 : Chivamp
  • URL
  • 編集

[C3] Re: コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
そうなんですか、海外では漱石の知名度は低いんですね。
個人的に感じていることなんですが、文学作品として評価が高い作品て、洋の東西を問わずどこか暗い内容の作品が多い気がします。三島由紀夫しかり、太宰治しかり、フィツジェラルドしかり、ヘッセしかり、ドストエフスキーしかり・・・ときりがないですが。
僕は評論家でも何でもないんで、やっぱり読んでいて明るい内容が好きですね。
『坊ちゃん』のような痛快な作品が好きです。
あ、でも『こころ』も暗い内容の作品でしたね・・・(汗)

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://arien182.blog3.fc2.com/tb.php/33-e223b16b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
71919位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11604位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。