Yossy's life ~It climbs the life. The view is the highest. ~

趣味(音楽・スポーツ・本etc)、仕事、子育て、その他人生色々なこと。そんな毎日の出来事を綴っていくブログ。

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C21]

こんにちは。
シュルツさんは引退した途端、あっという間にお亡くなりになってしまい当時は本当に驚きました。ワーカホリックだったので充実した人生だったでしょうが、ゆとりある余生を送って欲しかったです、ファンとして。

[C22] Re: こんにちは

コメントありがとうございます。

TOSHIKIさんて本当にスヌーピーについてお詳しいんですね!
これからもブログにお邪魔するので、スヌーピーについて
しっかりと勉強させて頂きます。

> こんにちは。
> シュルツさんは引退した途端、あっという間にお亡くなりになってしまい当時は本当に驚きました。ワーカホリックだったので充実した人生だったでしょうが、ゆとりある余生を送って欲しかったです、ファンとして。
  • 2010-09-02 01:12
  • 投稿者 : YOSSY
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://arien182.blog3.fc2.com/tb.php/47-21b2fddc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

世界ふしぎ発見

カテゴリ : スヌーピー
昨日の夜に、TBSの世界ふしぎ発見を観た。


前々からチェックしてた回で、今回は生誕60周年!!企画の

『チャーリー・ブラウンとスヌーピーの秘密』。


俺も奥さんもスヌーピーが好きで、楽しみにしていた番組。


内容は、作者であるチャールズ・シュルツ氏の一生を追いながら

ピーナッツ誕生の話からはじまり、シュルツ氏の奥さんや息子さん、

そして世界で唯一スヌーピーの絵を描くことを公式に許されている、

トム・エバハート氏等が登場しピーナッツの人気がどのように

全米に広まっていったのかを物語るような内容だった。


原作者のチャールズシュルツ氏が亡くなった翌日の新聞に

ピーナッツの最終回が掲載されたそうで、スヌーピーが

タイプライターを打ってお別れとお礼のメッセージを伝えて最終回を

締めくくるという内容のもので、不覚にも泣きそうになるくらい

感動的な話だった。


作者が亡くなっても愛され続ける漫画やキャラクターは日本にも

たくさんあるけど、なんとなくクレヨンしんちゃんの作家の臼井儀人さんを

思い出した。

シュルツさんは最終回を掲載して旅立ったけど、臼井さんは志半ばで

旅立って無念だったろうなぁとか、色々と考えさせられた。


・・・いつか、Charles M.Schulz museum(スヌーピー博物館)に

いってみたいなぁ。。。



スポンサーサイト

2件のコメント

[C21]

こんにちは。
シュルツさんは引退した途端、あっという間にお亡くなりになってしまい当時は本当に驚きました。ワーカホリックだったので充実した人生だったでしょうが、ゆとりある余生を送って欲しかったです、ファンとして。

[C22] Re: こんにちは

コメントありがとうございます。

TOSHIKIさんて本当にスヌーピーについてお詳しいんですね!
これからもブログにお邪魔するので、スヌーピーについて
しっかりと勉強させて頂きます。

> こんにちは。
> シュルツさんは引退した途端、あっという間にお亡くなりになってしまい当時は本当に驚きました。ワーカホリックだったので充実した人生だったでしょうが、ゆとりある余生を送って欲しかったです、ファンとして。
  • 2010-09-02 01:12
  • 投稿者 : YOSSY
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://arien182.blog3.fc2.com/tb.php/47-21b2fddc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
65442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10755位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。